桃の枝 徳島産

 

桃の花言葉は、「チャーミング」「気立ての良さ」

由来は、桃が女性への敬いの象徴のためです。これは桃という漢字が木偏に「兆」と書き、桃の花はとても多くの実(子供)を付けることから、多産を意味する縁起のよい花とされ、そこから女性を象徴する花言葉がつけられました。

3月3日は「上巳(じょうみ・じょうし)の日」。これは古代中国の陰暦に従ったものですが、現在の暦で言うと3月末から4月中旬にあたります。この時期は梅が咲き終わり、ちょうど桃の花が咲く頃だったのです。春の訪れと共に咲き、春の季語でもある桃の花にちなんで、 上巳の日は別名「桃の節句」と呼ばれるようになりました。桃の花が咲き誇る「花盛り」の時期、愛らしい女の子のお祭りにピッタリな花です。