千石豆 和歌山産

若いサヤを食用とする他、熟した豆も食用になります。

若サヤの収穫は若すぎても風味が弱く、熟しすぎるとサヤが硬くなって美味しくなくなってしまうので、そのタイミングが重要となってきます。適時に収穫された若さやは一般的なキヌサヤやサヤインゲンと同じような食べ方が出来ます。独特の香りがあって旨みもありとても美味しいです。