葉生姜 静岡産

 

葉生姜は根茎がまだ小さく柔らかいうちに葉が付いたまま若取りしたもので、主に小生姜と呼ばれる小ぶりの生姜品種が用いられます。代表的な品種として谷中生姜が有名で、葉生姜といえば谷中生姜といわれるくらいです。

似た物に矢生姜がありますが、矢生姜は金時生姜が主に用いられます。谷中生姜は金時生姜の矢生姜よりも葉柄は太く、赤みが薄い色をしています。

葉生姜の根茎は柔らかく、辛味も一般的な生姜ほど強くありません。風味がよく、生のままかじることも出来ます。

葉生姜は主に甘酢漬けにし、矢生姜と同じように焼き魚などのあしらいに使われます。魚の臭みも消してくれる上、甘酸っぱさと香りが口の中をさっぱりとさせてくれます。 また、甘酢漬けにしたものを細かく刻んでご飯に混ぜて食べてもとても美味しいです。

葉しょうがは皮をむいて衣を付けて天ぷらにしても美味しいです。また、醤油に15分程度漬け込んでから天ぷらにすると味が馴染み、より美味しい天ぷらになります。また、豚肉を巻いて焼いてもおいしいです。