実山椒 和歌山産

 

山椒は各地の山野に自生する灌木で、葉や実に特有の香りと辛味を持つため昔から様々に使われてきたが、明治時代に入ってから栽培が始まりました。

5~6月頃になる山椒の青い実を、実山椒と呼びます。香り、辛味が強く、吸い口やあしらいに利用したり、佃煮などに使われます。