加賀太きゅうり 石川産

 

加賀太きゅうり(かがふときゅうり)は昭和11年に金沢市久安町の米林利雄氏が東北の短太系きゅうりの栽培に取り組んだのが始まりとされています。

現在では露地栽培よりもハウスや温室を使った栽培が中心となっています。

果肉部分がとても厚く、一本でも食べ応え十分と言った感じで、食感も適度な歯ざわりが楽しめます。

種の部分は食べられないわけではありませんが、通常は皮を剥き、種の部分も包丁で切り取って果肉部分だけを使います。